1. お問い合わせ

    お問い合わせ

    電話またはメールにて、ご不明点やお⾒積り希望などご相談ください。
    お見積りから、建物の劣化診断、ちょっとしたご相談、等々、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

  2. 現地にて建物診断

    現地にて建物診断

    職人が屋根の上から付帯部までしっかり確認致します。
    お宅を見させていただくときには、必ずお客様に立ち会っていただきます。ご自宅の状態を一緒に確認していただき、不安に思われる点はすべてお聞かせいただき、丁寧にご説明いたします。

  3. 診断報告+お見積りプランのご提案

    診断報告+お見積りプランのご提案

    お住まいの劣化診断の後、診断報告書とお見積書を作成して伺います。

    • ① 診断報告書と合わせて、お客様にご説明しながら一緒に現状把握をしていきます。
    • ② 診断した結果、修繕箇所のご説明、最も適している塗料のご提案をします。
    • ③ お見積り内容、項目ごとのご説明をします。また、それぞれの工事も「何のためにやるのか」「どんな工事になるのか」など、詳しくご説明します。

    ※ ご質問や、ご説明が至らぬところがありましたら、何なりとお申し付けください。不明点はすべて解消した上でご検討いただきたいと思っています。

  4. ここまではすべて無料です。

  5. 色決めと工程についての打ち合わせ

    色決めと工程についての打ち合わせ

    <カラーシミュレーション>

    事前にご希望の色を伺い、点検時に撮影した家の写真を基にカラーシミュレーションを作成してお持ち致します。最大5種類の色味から、お好きな色をお選びいただけます。

    <工程表の確認>

    季節などをふまえた工事実施時期やいつ・どこを・どういう段取りで工事するのかといったスケジュールを施主様とお打合せさせていただき、工程表を作成します。

  6. 塗装工事スタート!

    外壁塗装、屋根塗装がいよいよ始まります。

      1. 施工前のご挨拶

        施工前のご挨拶

        工事の開始前に、近隣の方々へご挨拶に伺います。(ご不要でしたらお申し付けください。)車両の出入りや足場を組んだりするため、作業日程や内容を簡単にご説明をします。

      2. 仮設足場

        仮設足場

        仮設足場を設置します。外壁塗装、外装工事では仮設足場は大きな役割があります。作業性の良い足場を架けることにより、職人の安全性が保たれ、塗装の技術を余すことなく発揮することで高品質な施工が出来ます。
        そしてこの足場をおおうように、メッシュという飛散防止ネットを張ることにより、塗料、ゴミ等が近隣の建物に付かないように配慮します。

    工事期間中のお約束!当たり前のことを当たり前に

    当たり前ですがごあいさつは基本です。
    当たり前ですが毎日掃除して帰ります。
    当たり前ですが日報を毎日出します。

    これら当たり前のことを徹底できない工事業者が、手抜きしません!と言っても、説得力がありません。
    当社では、挨拶、掃除、報連相を徹底し、お客様がご在宅でも、ご不在時でも、不快な思いやご心配をされたりしないよう、できる限りの心配りで工事を進めてまいります。
    ※ お仕事などで、不在がちな場合は、LINEで作業日報をお送りすることも可能です!

      1. 高圧洗浄

        高圧洗浄

        外壁や屋根についた汚れやカビ・苔を⾼圧洗浄機で洗い流します。壁や屋根の不純物をきちんと洗浄して取り除く事で、塗料が壁に密着しやすくなります。

      2. 養生

        養生

        サッシや窓ガラス、外についているガスメーターや水道管などを丁寧に養生し、保護します。とても⼤事な作業になります。
        きちんと養生することで、外壁塗装の仕上がりも⼤きく変わってきます。

      3. 劣化補修

        劣化補修

        塗料を塗る前に、クラックや目地などの修繕を⾏います。この作業をすることで、塗料の本来の性能を発揮させることができます。
        また目地は家を⻑持ちさせるためにとても⼤切な部分です。⼤切な部分だからこそ、良いものを使うべきだと弊社は考えております。

        弊社はオート化学工業のイクシードという、通常のシーリング材よりも4倍⻑持ちするシーリング材を使用しています。

      4. 下地調整 (ケレン作業)

        下地調整 (ケレン作業)

        ここでは塗装が付着しやすいよう、雨戸などの主に鉄部の表面を調整する“ケレン作業”を行います。このケレン作業は非常に重要です。なぜなら、ツルツルの面に塗装をしても接着率が悪く、十分な耐久性を発揮できません。ですので、汚れを落とす意味でも、塗装面を塗装に最適な状態にするためにも下地処理を丁寧に行うのです。
        また、屋根塗装もやる場合は、タスペーサーを屋根板の間に挿入します。

      5. 塗装開始

        塗装開始

        下地処理が済んだら、いよいよ塗装開始です。当社は耐久性にこだわった3度塗りを基本としております。
        塗料は基本的に、下塗り→中塗り(上塗り1回目と呼ぶこともあります)→上塗りの計3回、塗り重ねをします。(塗料のメーカー仕様により、4度塗り、5度塗りとなる場合もあります。)

        1. 下塗り

          下塗り

          下塗りは、仕上がりの色になる「上塗り材」という塗料と壁を密着させる接着剤のような役割をします。外壁の素材に合わせて、密着率の良い塗料を選んで施工します。(これについては、お見積もり時にきちんとご説明します。) 
          軒天がある場合は、そちらを先に行います。工程としては、基本的に上から下に塗装します。

        2. 中塗り

          中塗り

          実際の仕上がりの塗料を塗っていきます。塗料の機能(防水性や遮熱性など)を発揮させるためには、塗料メーカーが定める基準塗布量を厳守して塗る必要があります。
          塗膜の厚みが基準塗布量に達するよう、塗り重ね乾燥時間を厳守しながら作業を進めます。
          当社では、⾒てすぐにわかるように中塗り・上塗りの色分け施工も承ります。

        3. 上塗り

          上塗り

          最後に、3度目となる上塗りをします。最も目に触れる仕上げ塗りですので、塗りもれはもちろん、色むらなども出ないよう、細心の注意を払って、塗り込みます。
          ※2回塗りで3回塗りましたと言う所もあるようですが、艶と深みが違ってきますので、私たちには解ります。

    窓・サッシのお掃除も無料で行っております!

    窓・サッシのお掃除も無料で行っております!

    足場が外れたときに、塗装したところはきれいになったのに、窓枠などの汚れでがっかりしてほしくない、せっかく、当社に工事をご依頼いただいたのだから、感動を与えたい!そんな思いで、足場を解体する前に、窓や窓サッシなどの清掃を行っております。
    足場解体の際、ピカピカの家に是非感動してください!

    1. 最終確認・工事検査完了

      最終確認・工事検査完了

      塗装が終わると養生を外し、現場管理者が細部に渡って仕上がりを確認する完了検査を行います。その後お客様と一緒に外壁全体を⾒て、塗装に不備がないか、気になる点はないか確認をします。
      お客様が施工にご納得いただきましたら、足場を解体します。
      工事期間中のご協力、ありがとうございました。

  7. お引渡し

    お引渡し

    ① 塗装工事完了報告書をお渡しします。

    工事中の工程を写真におさめ完工後、実際に施工した内容を写真とともにご説明いたします。

    ② 保証書の発行

    保証書を発行します。こちらは最長15年の施工を保証するものです。こちらは大切に保管下さい。保証期間中は、施工箇所に当社施工による不具合があった場合は原則無償で対応します。

対応エリア

対応エリア

  • ●●県
  • ●●市
  • ●●市
  • ●●市